FC2ブログ

ニコラつれづれ

保護犬のドーベルマン・ニコラと(+シェルティのテスラとオカメインコのシュレディンガーと)暮らす日々の記録

歯石を取りつつ・・・

  1. 2020/06/21(日) 23:58:00_
  2. _ tb:0
  3. _ comment:2
 夕食後、2時間ほどかけてニコの歯石取りをしました。
 動きは若い頃と変わらず元気いっぱいのニコですが、やはりシニア。
 昔はバリバリと食べていたラム骨はもちろん、市販の柔らかめの皮ガムでも、咥えたままピーピー鳴いて家中をぐるぐる。結局食べられずに、「もっと柔らかいおやつと交換して」と持ってきます。
 いつのまにか歯茎が痩せて前下の歯並びが悪くなってきたりもして。
 シートとココナッツオイルで歯磨きはしているものの、硬いものを食べなくなった分、奥歯に歯石が付きやすくなっています。

 オモチャも柔らかいのが好きデース
IMG_00211小
 
 前にも書いた歯石取りの器具はとても優秀。
 今回は初めて補助なし、ひとりでやったのですが、ペリペリとたくさんとれました。上のリンクでは骨ガムを噛ませていますが、もうその必要もなく、ニコは膝の上に頭を乗せてじっとしています。とはいえ、痛かったり怖かったりすると次回が大変なので騙しだまし。
 お喋りしながら、取れた歯石を見せたりしながら(なぜかニコが安心する)、ゆっくりとやるので時間がかかります。

 「お互いトシをとりましたねえ」なんて言いながら、ニコが若い頃に遊んだワンちゃんや、出会った飼い主さんたちを思い出していました。
 
 ボクサーのストークちゃんとセントバーナードのリンゴちゃんの飼い主さん(30代くらいの男性)からは、見栄でしつけをするのではなく、目の前にいる自分の愛しい犬をとことん知ることがしつけになるということを、言葉ではなく犬に接する態度で教えてもらいました。
 
 「ふとんにオシッコされたり、いまだに気に入らないとウーってされたりするけど」と、17歳のワンちゃんを本当に愛おしそうに撫でていたご夫婦や、カフェでニコを撫でに来てくれて、「ドーベルマンはウォブラー症候群になりやすいからチョークタイプの首輪はやめたほうがいいですよ」とさりげなく教えてくれた20代くらいの男性。当時、10歳のドーベルマンを飼っていると言っていたっけ。
 
 ドッグランで会ったボルゾイのボルさん、かけっこを仕掛けたものの一瞬で抜かれて、それからニコはボルさんを見ないフリしてひとり遊び、なんてこともあった。
 あまり犬に執着しないニコが、飼い主も眼中になくなるほど夢中になったビジューちゃんという綺麗な名のドーベルマンもいたなあ。

 アタシが知らないコばかりじゃん!
IMG_0085小
 
 そうか、テスが家族になる前だから、ニコが2~3歳の頃の思い出なんだなあ。
 みんな元気かしらん・・・。あの頃に若かった子たちも、もうシニアなんだよねえ。
 おとなしく歯石取りをされたまま、おじいちゃんみたいにうとうと寝てしまったニコの温かさや重さの愛おしいこと。
 動物たちの寿命がもっともっと長いといいのに、と切実に思ってみたりするのでした。


 ニコちゃん、まだまだ風のように走れるからあと10年はいけますヨー
MT_B0138小
 
 
 

 
関連記事


| BLOG TOP | 一階の恩恵>>

comment

  1. 2020/06/28(日) 05:38:24 |
  2. URL |
  3. maconeco
  4. [ 編集 ]
ニコちゃん、長生きしてね〜!

うちの猫もアーっという間にもう10歳です。
猫の方が犬より平均的に長生きではありますが、、、ほんと、人間に比べてなんて短い一生。
もっともっと一緒の時間を大事にしないとって思います。

Re: タイトルなし

  1. 2020/06/28(日) 18:20:11 |
  2. URL |
  3. Elsie・P
  4. [ 編集 ]
じゅうたちゃんとニコ、ほぼ同い年なんですね。長生きしてほしいです。
私も3匹の猫飼いののち犬飼いになりましたが、たしかに猫に比べると犬は短命ですね・・・。

私の思い出の中の猫たちは、(幼少期は走り回って大変だったのに)なぜかみんな静かに深い目で見つめています。
感情表現が犬ほどストレートじゃないからそう感じるんでしょうか・・・。
けっこうな人生の激動期をともにしてきたけれど、猫たちはいろいろなことをすごくわかっていたんだなって思います。

人間の寿命が80年と考えると、20年生きる動物は1日は人間の4倍のスピードで消費されていくのかなあ。
一緒に過ごせる一日、いや一時間でも大事にしたいです。


 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

Elsie・P

Author:Elsie・P
ニコラは、ブリーダー遺棄現場で餓死寸前のところを保護され、2010年12月に我が家にやってきたドーベルマン。サンタさん(聖ニコラウス)にあやかって名付けました。狭い檻に閉じ込められていたのでクルクル回って歩きます。2013年6月にシェルティのテスことテスラがやってきて、賑やかになりました。この写真は先代の保護犬ファラオン。4年弱しか一緒にいられなかったけれど、深い絆を感じました。

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR